2013年04月11日

おかげさまで。

昨日、皆造(かいぞう)をむかえました。
事故や怪我もなく、
この日を迎えられたことに感謝です。

新酒の瓶詰めラッシュで
慌ただしくしていますが
朝、少しだけお寝坊が出来るようになり
それが何より嬉しい・・・

さて告知です。

4月12日(金)PM8:00より
NHK名古屋放送局の
「金とく」にて


弊社の米造りと酒造りの様子が
放送されます。

東海・北陸地方の方々
よろしければ、是非ご覧下さい。


お酒・ドリンク ブログランキングへ



posted by とーこ at 16:19| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月04日

そろそろ

すごく久しぶりに、このページを開きました
大変ご無沙汰しております。
あの頃、秋桜が咲いていたのに
今は桜の花が見事に満開。
秋が過ぎ、冬が終わり
季節は春。

たかが半年。されど半年。
その間に色々な出来事が当たり前のように
ありましたが・・・
相変わらず元気で、やっぱりお酒を飲んでは
デロデロになる
何ら変わらず(笑)です。

ただ、そろそろ

木の上に立って見る
『親』という字の如く
少し離れたところで、子供達のことを
見守る時期がやって来たようです。

息子達は、親が気が付かないうちに
少しずつ大人になり
それぞれが選んだ道を歩きはじめました。

春なら
淡い優しい色合いの桜の木
夏は
サワサワと涼しげな竹
秋には
甘美な香り漂う銀木犀
冬・・・
冬は寒いから家の中(笑)

いつもどこかの木の上に立ち
彼らがどんな道の、どの辺りを
歩いているのか
静かに見守ることのできる
そんな親になろう・・・と思います。

心配性の母親は
ここらで終わりです。
そして
造り酒屋の長い長い冬も
あと五日で皆造を迎え
終わります。

終わりよければすべて良し
ということで・・・・

では、また。

iphone/image-20130404142733.png



お酒・ドリンク ブログランキングへ
posted by とーこ at 14:30| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月10日

十月十日

風に揺れる秋桜
色づきはじめた木々の葉っぱ
金木犀の甘い香り
秋は日ごと濃くなっていきます


iphone/image-20121010175305.png


ふと、思い出していました
26年前の今頃のこと
嫁いで初めて迎える秋
両親と同居の窮屈さや、先々代からの従業員との関わりや
まだ何も役に立たない自分への不甲斐なさで
時々、悲しくなることがあったと・・・

そんな時に
長男を授かりました


妊娠していることがわかったとき
本当に嬉しかった
どこかアウェイ感を味わっていた私が
小さな命を守ることで
やっと、ここの一員になれた気がしたから。

それから十月十日(とつきとおか)が過ぎ
暑い夏のある日、長男は生まれました

それから色々な出来事があって
本当にたくさんのことがあって
長男の成長と共に
私達も親として育ちました

今、その長男と一緒に仕事をしています。

人からは、
いいですね。息子さんと一緒に仕事ができて・・・

などと言われることもあるけれど
良いことばかりでもありません。

腹の立つ日も多く
時には激論になり
全エネルギーを使い果たしてヘトヘトになる日もある

師匠である父親に逆らうことができない
腹いせからなのか
母親である私を単に軽く見ているせいなのか
とにかく、憎たらしいのです。

だけど・・・・
よく考えてみれば、若い頃の私も
自分の能力の無さを棚にあげて、
よく文句を言ったし
訳もなく、不機嫌になったりしてたな・・・と。


そして今頃になってやっと気が付くのです。
親のありがたみ。

同居の窮屈さも、家族で働くことの煩わしさも
嫁である自分が、一番我慢をしているのだと
ずっとそう思ってきたけれど

実は、父や母がどれだけ辛抱をし
耐えていてくれていたのかということ

息子もいつかは、気が付くでしょうか
自分の子供を持って
こんな風に思う日が来るのでしょうか

などと考えながら
一人酒を飲む、秋の夜長。



8月8日・・・9月9日・・・10月10日
どうもすみません


以上
ぞろ目が更新日の一ヶ月日記でした



お酒・ドリンク ブログランキングへ
posted by とーこ at 17:53| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。