2011年03月24日

一陽来復

 

 この度の東北地方太平洋沖地震により被災された皆様

 そのご家族の方々に、心より御見舞もうし上げます。

 
 大きな地震が起きてから、明日で2週間になります。

 その間 テレビやネットから入る情報に胸が張り裂けそうでした。

 被災された方々は大変な苦しみと悲しみの中で
 
 一日、一日を生きていらっしゃるのに

 その一方で、今までと変わらない日常を過ごしている自分が

 とても役立たずで、その無力さにただ情けなくなりました。

 どんな言葉をかければいいのか、それさえもわからなくなっていました。


 そんな時、石巻の友人から一通のメールをもらいました。

 一週間ぶりに電気がついたこと

 水道の復旧はまだなので、雨水でお風呂を沸かしたこと

 自宅は津波の被害はなかったものの

 彼女の勤務先の会社は流され、

 街はすっかり姿を変えてしまったこと。

 それでも、避難している友人や同僚の人達のところを

 自転車でまわり、必要なものを届けているということ。

 大変な状況でも恨み言をいわず、

 自分のできることを一生懸命にやる

 一分一秒を大切に、前向きに歩いている

 そんな力強く逞しい彼女の姿に

 私は、やっと我にかえったような気がします。


 役に立ちたい。

 元気になってもらいたい。

 そう思っていたのに

 被災した友人から逆に勇気をもらいました。


 


 一生懸命考えて、毎日を大切に過ごし
 
 自分の仕事をきちんとやる。

 それが、唯一今の私に出来ること。




 まだ繰り返し起こる大きな余震と

 物資や燃料不足での不自由な生活

 大切な人を亡くした深い悲しみ

 原発の不安



 どうか少しでも良い方に向かいますように

 どうか一日も早く

 安心してゆっくり眠れる時間が訪れますように

 心から祈っています。

 日本中のみんなと一緒に。
 

 P1030995.jpg

 梅の古木にやっと花が咲きました。

 皆様のもとにも、やさしい花のたよりが届きますように・・・

 

posted by とーこ at 18:14| Comment(19) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。