2011年09月30日

 オトンとボクと、時々、オカン〜


 『伊勢錦』

 伊勢錦はかつてこの伊勢地方で広く栽培されていましたが

 栽培しづらさが原因でいつしか姿を消してしまいました。

 昭和60年当時、もっぱら普通酒をつくる

 平凡な酒蔵であった弊社は、

 この『伊勢錦』に注目します。

 このままでは、生き残れない

 その危機感が伊勢錦を使った究極の酒造りへの原動力となります

 主人は26歳・そして私は22歳

 まだ、二人が結婚をする一年前の出来事です。

 その翌年、私はこの酒蔵に嫁ぎました。

 伊勢錦の復活劇は、そんな私達の歴史と一緒に

 進んでいきます。



 米造りはまず

 農業試験場に残っていた種籾を一握り分けてもらい

 地元農家さんの協力のもと

 三年がかりで増やしました。

 背丈が高く、稲穂が垂れ下がりすぎる伊勢錦の栽培は

 大変困難で、特に台風の多いこの土地では苦労の連続でした。

 しかし、平成元年に初めて伊勢錦の酒を造ることに

 成功します。


P1040499.jpg 




 その間に私は長男を出産し、

 伊勢錦の酒が初めて出来上がった年に

 彼はすでに二歳になっていました。

 それから色々な出来事がありました。

 すべてが順風満帆であったわけではありません。

 米の不作、思い描いた酒にならない

 それでも、主人は酒造りに没頭し、

 私は家庭を守り子供を育てる

 どこにでもある普通の生活。



 それから数年が経ち・・・

 平成19年

 全国新酒鑑評会において

 『伊勢錦大吟醸』が金賞を受賞したのです。


 長い間、試行錯誤を繰り返し

 私達と苦楽を共にしてきた『伊勢錦』が

 やっと表舞台に立った瞬間でした。


 その年、二十歳になった長男が

 「伊勢錦、偉いよな・・・俺はまだ何にもや」と

 つぶやいた一言を

 私は今でも忘れることができません。

 

 造り酒屋は継ぎたくない

 俺は自由でいたい

 思春期を迎えた頃からそう言い続けていた長男でしたが

 それでも、心の隅では家業のことを意識しているのだなと

 そう思える言葉でした。



 その後も、

 私達の願いとは別の道を歩み

 自由を選び

 縛られることを嫌い

 好き勝手に生きてきた長男でした。




 しかし、昨年より

 父を師匠に、蔵人を先輩に

 酒造りと米造りに携わる道を選びました。


 P1040498.jpg

 
 農作業で真っ黒に日焼けした二人の姿を見ながら

 この酒蔵に嫁いでから今までの二十数年を

 しみじみ思い出す私です。




 米造りも酒造りも子育ても

 決して自分の望みどおりにはいきません。

 これからも、やっぱりいくつもの壁が立ちはだかり

 心配性の私は途方に暮れることが

 まだまだたくさんあるでしょう。



 けれど、いつも

 家族みんなが笑って過ごせたら

 それだけで幸せなのだと

 そんなふうに思います。




P1040497.jpg

 自遊人 11月号 「日本酒新時代」

 

 伊勢錦とうちの蔵が掲載されました

 よろしければ、ご覧になって下さい。
 
 

 人気ブログランキングへ
 

 
posted by とーこ at 00:46| Comment(29) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月27日

OSAKA SakeSonic 2011


 あの猛暑の日が嘘のような、さわやかな秋になりました。

 みなさま ご機嫌いかがでしょうか?


 さて、先週の23日

 大阪梅田で開催された

 ”なにわ酒屋発見会”さん主催の

 お酒の試飲会に参加させていただきました。

 P1040477-1.jpg

 今年初めてお誘い頂いたので、

 少し緊張しながら会場へ向かったわけですが

 到着して、すぐ打ち合わせの部屋に入ると

 あちらこちらに、

 お目にかかったことのある方々の姿を発見!

 なにやらちょっと安心。

    こー見えて私、かなりの人見知りなので
 P1040480.jpg


 会は一部と二部に分かれていて

 どちらへもたくさんのお客様が来て下さいました。

 当初、『八兵衛』ブースへの人の波はまばらで・・・

 他の蔵の様子を横目でチラ見しながら

 このまま、余裕のよっちゃんやったら

 どーしよ?と焦りはじめたその時

 どどどーーーーーーーっ♪ と

 (すいません。ちょっと盛りました。)

 お客様がブースに来て下さいました。

 
 山長梅田店さんの藤岡さんが

 お手伝いに入って下さったので

 私はお燗番に徹することができました。

 
 この日、伊勢錦を使った酒の評判がすこぶる良くて

 純米大吟醸は、早い段階で品切れ

 山廃純米も常温・お燗

 ともに大好評

 何人かのお客様から

 『今日呑んだ中で一番やわ』との

 とても嬉しいお言葉を頂きました。
  
 これで今日の私の任務は完璧。




 そしてここからは、お楽しみの打ち上げ会。

 初めてお会いする蔵元さんも数名いらっしゃったので

 その方達とお話をさせていただきました。

 ”酒屋万流 ”という言葉がありますが

 本当にその通り。

 醸し出す雰囲気も考え方も

 これまでの経歴も違う。

 けれど、みんなとても個性的で

 いい意味で頑固で

 そして強いオーラがあります。

 長い間続いてきた家業をしっかり受け継ぎ

 そしてこれからの世代に送っていく。

 重い荷物を背負いながらも

 前向きに商いに取り組む姿勢は

 みんな同じなのだと・・・・かなり感動。

 その事実が嬉しくて

 そんな人達と一緒に飲むお酒は

 一段とおいしくて

 打ち上げは、二次会・三次会へと続き

 さらに夜は更けていったのでした。


 たくさん飲みましたが、

 今回も記憶は飛んでおらず

 だから、大丈夫でしょう

           たぶん・・・・

                  大丈夫やよな(汗)




 最後になりましたが

 OSAKA SakeSonic 2011

 お越し下さったお客様

 スタッフの皆様へ

 心からお礼を申し上げます。

 ありがとうございました。
 
 
                人気ブログランキングへ




posted by とーこ at 11:56| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月21日

台風15号・無事通過。


 またしても台風がやって来ました。

 当初のコースでは、本州への影響はあまり無さそうで

 安心しきっておりましたが・・・・

 迷走後、一回転をして本州に向けて

 進路変更!!


 この季節、台風が発生すると

 テレビの天気予報に釘付けになり

 その動きをチェックしなければなりません。

 収穫が近づいた酒米をなんとしても守らなければ・・・



 台風の影響で、ここのところ雨ばかりの毎日でしたが

 先週末の連休二日間だけは、久しぶりの晴天。

 酒米伊勢錦を刈り取る最高のタイミング!!
 
 P1040471.jpg

 あいにく社員達は休日でお休みでしたが

 我が家の男達総動員で

 無事に稲刈りを済ませました。
 
 P1040467.jpg 


 この日を逃していたら、きっとこの台風に

 コテンパンにやられていたはず。

 本当に良かった。

 P1040469.jpg 



 さて、その台風15号

 昨晩遅くから今日のお昼過ぎまで

 激しい風と横殴りの雨で

 とても騒がしかったのですが

 たった今、

 その騒がしさが嘘のように

 とても静かになりました。

 どうやら、三重県南部は通り過ぎた模様。



 しかし、今回もたくさんの方々が被害に遭われました。

 心からお見舞い申し上げます。

 そして、今後の進路となる地方の方々

 何事も無いようにお祈りしております。




 明日は台風一過の気持ちの良い日になるでしょうか?

 ここのところ、朝陽を浴びると

 一日中、かなり元気に過ごせるということを

 再認識した私です。

 晴れた日はただそれだけで、ちょっと嬉しい♪



 今週末は大阪へ出かけます。

 そして主人は東京へ・・・・

 夫婦、西と東に分かれて仕事です(嬉)

 近隣の方は是非お出かけ下さい。



    OSAKA SakeSonic 2011  

    大阪市北区堂山町15−17
 
   ACTV(アクト・スリー)ホール 



   東日本大震災 被災地復興イベント

    輪になろう日本酒  

      日本の絆を深めよう

  東京ドームシティ プリズムホール


 
 人気ブログランキングへ
 

posted by とーこ at 15:22| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。