2012年01月28日

似顔絵


 寒い日が続きます。

 朝、布団から出るのにもかなり勇気がいる毎日です。

 実は私、もともと低血圧なのですが

 この間はお医者さまから

 こんなに低い血圧でしんどくないですか?

 などと言われたものですから

 これは使えるひらめきと思い

 「低血圧やと、やっぱり早起きは大変らしい」

 と言ってみたところ

 案の定、聞き流されてしまいました。

 まぁ、いまさらか



 さて、蔵では吟醸仕込みの真っ最中

 連日、夜通しの仕事が続いています。

 睡眠時間が短い上に、気の抜けない行程ばかりで

 そろそろみんなの顔つきも変わってきました。

 触らぬ神に祟りなし


 出来るだけ

 主人の神経を逆撫でしないように
 
 邪魔をしないように

 優しく支えるのが女将の努め

 とは言え


 「おまえさぁ、頼んだ事まだ出来てないの?進んでかへんやんかむかっ(怒り)


 などと上から来られると

 プチ・・・ッとなってしまうわけで

 
 それはさ

 大変やと思うよ。

 睡眠時間だって短いし

 身体の至る所も痛いやろし


 そやけどな

 私かって、遊んでるわけやないんやから

 あんたが蔵におる間に起こる

 色々な面倒なこと

 処理したりさ

 支払いのやり繰りかてあるしさ

 賄いだってあるやんか

 私かて

     忙しいんやわーーーーーーーーーーぁどんっ(衝撃)  ぜぇーぜぇ

 となってしまう今日この頃でございます。


 そんな私の様子を見た主人が

 机に向かって

 何やらゴソゴソと書きはじめました。


 しばらくしてニヤニヤ笑いながら

 手渡された小さな紙切れ


P1040663.jpg

             ???


  『 怒った時のおまえの似顔絵(大笑)

                 どぉ〜 どぉ 
  

  
   どぉ〜 どぉ って、暴れ馬とちゃうし 
 


 うぅぅぅぅ。

 悔しい

 悔しいけど

               激似!!!


 決めた!

 明日からは、笑いながら

 怒ることにしよう。



 竹中直人みたいに・・・・(笑)

 

 


 
posted by とーこ at 01:26| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月20日

吟生にごり酒


 あの人は悪魔

 私をとりこにする

 やさしい悪魔


 ginnama nigori.jpg
  
   吟生にごり酒 (別名・悪魔の酒)


        絶賛発売中!! 






   「今日はこれでストップ!!」

 


 おかんさぁ〜 吟生を飲むといっつもグダグダやんか

 昨日も、身体斜めになりながら寝にいっとったで

 家でこんなにベロンベロンになっとるオバハン

 他に見たことないわ
    
       
         いや もう一人おるけど・・・



 旦那の指摘はシラ〜と聞き流せても

 息子のダメ出しは心にささる

 あーあたらーっ(汗)


 それでも

 やめられない

 とまらない


 酒屋八兵衛 吟生にごり酒 


 今年もすこぶる元気に吹き出します

 季節の風物詩です
 
 
  

吟生にごり酒
posted by とーこ at 02:01| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月16日

 心が清らかになる酒

 
 今月に入ってから寒い日が続きます。

 三重は比較的暖かな土地ですが

 それでも今年は寒い日が多いような気がします。

 ヒートテック二枚重ねの技

 友人から勧められ、着込んだ日から

 手放せなくなりました。

 驚くほど温かいです。

 
 

 ここはもっと寒いのでしょうね。

 岐阜と滋賀の県境にある大塚酒造さんから

 純米酒の新酒が届きました。

 「竹雀純米無濾過生原酒」 


 実家に戻って、二造り目を迎えた大塚くんが醸す酒
 


 P1040651.jpg 


 お酒には造り手の性格が表れると

 よく言われますが

 この酒を飲んだ時

 それを実感しました。


 優しくて穏やか

 一口目の印象は少しおとなしい??

 ところが

 二口目からはじんわりゆっくり

 旨味が伝わってきます

 そして、さらりとキレる

 
 それはまるで

 清一郎という名の彼がそのまま

 そこに居るようでした。



 穏やかで落ち着いていて

 でも、胸の内には熱い想いを秘めた人

 あまり多くは語りませんが

 選んで話す言葉に嘘のない

 好青年です。




 お酒といっしょにお手紙が入っていました

 差出人は

 大塚君の奥さんのあきちゃん。


 今期から酒造りの手伝いをしていること

 そしてわかった酒造りの大変さ

 ご主人が朝から夜中まで、文句も言わず

 黙々と仕事をする姿を見ながら

 胸がいっぱいになり、涙が出そうになること

 だから、少しでもその力になりたいのだと。



 自身もまだ小さな二人の子供を抱えながら

 子育てという大切な役割を持っているのに

 それでも、一生懸命に旦那さまをサポートする

 健気なあきちゃん

 明るくて元気でガッツのある素敵な若女将です。


 お手紙を読みながら

 一日一日を懸命に過ごす

 若い二人の姿を想いました。

 そして

 若い頃は私もただ純粋に

 主人を支えるのが自分の役割なんだと

 そう思っていたのに

 連れ添って25年が経った今

 「労る」ことも感謝の気持ちも

 少なくなってきていることに

 気がつきました。

 今ではもう当たり前になりすぎて

 長い間忘れてしまっていた

 とても大切なことを

 あきちゃんから教わりました。

  


 丁寧に綴られた手紙を読みながら

 竹雀を一口、一口

 味わって飲みました。

 
 清らかな透明の液体が心の汚れを

 ゆっくりと洗い流してくれたようでした。 

 

 
 二人三脚で若い二人が醸す酒


  竹雀純米無濾過生原酒


 是非、飲んで見て下さい。


    はばたけ すずめちゃん!!!
(ブログの更新をさぼりすぎてURLの貼り付けの仕方を忘れました。ごめんなさい。ご自分で検索していただければ有り難いです)

 若女将の日々が記されたブログです。

 こちらも是非、ご覧になって下さい。



 人気ブログランキングへ 


posted by とーこ at 13:16| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。