2011年09月30日

 オトンとボクと、時々、オカン〜


 『伊勢錦』

 伊勢錦はかつてこの伊勢地方で広く栽培されていましたが

 栽培しづらさが原因でいつしか姿を消してしまいました。

 昭和60年当時、もっぱら普通酒をつくる

 平凡な酒蔵であった弊社は、

 この『伊勢錦』に注目します。

 このままでは、生き残れない

 その危機感が伊勢錦を使った究極の酒造りへの原動力となります

 主人は26歳・そして私は22歳

 まだ、二人が結婚をする一年前の出来事です。

 その翌年、私はこの酒蔵に嫁ぎました。

 伊勢錦の復活劇は、そんな私達の歴史と一緒に

 進んでいきます。



 米造りはまず

 農業試験場に残っていた種籾を一握り分けてもらい

 地元農家さんの協力のもと

 三年がかりで増やしました。

 背丈が高く、稲穂が垂れ下がりすぎる伊勢錦の栽培は

 大変困難で、特に台風の多いこの土地では苦労の連続でした。

 しかし、平成元年に初めて伊勢錦の酒を造ることに

 成功します。


P1040499.jpg 




 その間に私は長男を出産し、

 伊勢錦の酒が初めて出来上がった年に

 彼はすでに二歳になっていました。

 それから色々な出来事がありました。

 すべてが順風満帆であったわけではありません。

 米の不作、思い描いた酒にならない

 それでも、主人は酒造りに没頭し、

 私は家庭を守り子供を育てる

 どこにでもある普通の生活。



 それから数年が経ち・・・

 平成19年

 全国新酒鑑評会において

 『伊勢錦大吟醸』が金賞を受賞したのです。


 長い間、試行錯誤を繰り返し

 私達と苦楽を共にしてきた『伊勢錦』が

 やっと表舞台に立った瞬間でした。


 その年、二十歳になった長男が

 「伊勢錦、偉いよな・・・俺はまだ何にもや」と

 つぶやいた一言を

 私は今でも忘れることができません。

 

 造り酒屋は継ぎたくない

 俺は自由でいたい

 思春期を迎えた頃からそう言い続けていた長男でしたが

 それでも、心の隅では家業のことを意識しているのだなと

 そう思える言葉でした。



 その後も、

 私達の願いとは別の道を歩み

 自由を選び

 縛られることを嫌い

 好き勝手に生きてきた長男でした。




 しかし、昨年より

 父を師匠に、蔵人を先輩に

 酒造りと米造りに携わる道を選びました。


 P1040498.jpg

 
 農作業で真っ黒に日焼けした二人の姿を見ながら

 この酒蔵に嫁いでから今までの二十数年を

 しみじみ思い出す私です。




 米造りも酒造りも子育ても

 決して自分の望みどおりにはいきません。

 これからも、やっぱりいくつもの壁が立ちはだかり

 心配性の私は途方に暮れることが

 まだまだたくさんあるでしょう。



 けれど、いつも

 家族みんなが笑って過ごせたら

 それだけで幸せなのだと

 そんなふうに思います。




P1040497.jpg

 自遊人 11月号 「日本酒新時代」

 

 伊勢錦とうちの蔵が掲載されました

 よろしければ、ご覧になって下さい。
 
 

 人気ブログランキングへ
 

 
posted by とーこ at 00:46| Comment(29) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
深イイ話だぁ〜



Posted by boss at 2011年09月30日 10:37
うわ〜〜〜!!

知らへんかった〜!

早速、買ってこよっと♪


それにしても、息子さん、
「持ってますね!」

初めて載る本が
「自遊人」だなんて。

書誌(初志)貫徹 (*^^)v


「自遊人」に載りたい・・・。(爆



おあとがよろしいようで・・・。<(_ _)>
Posted by ひろせ at 2011年09月30日 10:41
見開き4ページとか。
大きく取り上げられたんですね。
すごい!
おめでとうございます!
本屋で探してみますね。

伊勢錦に賭けた思い。
立ち向かって重ねた苦労が報われて、今があるんですね。
その苦労が大きく評価されてるのが素晴らしい!
Posted by まっちー at 2011年09月30日 12:53
本、即買いしました〜。

そして、ブログを読んで感動しました。
私も焦らず、笑っていられるよう努力していきます。

深いお話ありがとうございました。涙
Posted by すずめ at 2011年09月30日 18:05
「自遊人」に載りたい・・・。

「自由」になりたい・・・。
じゃ、大分違いますね。。。(汗

私も、商売屋の長男でしたので、
長男の息苦しい立場というものを
味わいながら生きてきました。
ましてや、蔵元さんの跡継ぎというのは
大変なプレッシャー、息苦しさだと思います。

そういう環境の中で、はだしで違う場所に生きようとするエネルギーは、すごいな!と感心してました。(大物ですよね)


そして、新さんや桐子さんの若い頃からの奮闘されたお話や、子を思う親の気持ちは、まさに自分たち夫婦の今の気持ちと同じようで。。。(吹けば飛ぶような、田舎の片隅の小売酒屋とお蔵では、比較にならないのですけど。)
新さんが、ニカッ!と笑った写真が凄く胸に染みます。
嬉しいですよね。親として。蔵元として。


も〜〜〜「自遊人」片手に、熱く語っちゃいますよ。桐子さんの今日のブログの話をしながら「先ずはこの蔵の純米酒を飲んでみて!」なんてね。

素敵な記事を、ありがとうございます。

Posted by ひろせ at 2011年09月30日 19:00
ほんまに深イィ話!
ちょっと感動!

まさに家(当店)がこれから立ち向かうであろう親として、心配したり、悩んだり、望みどおりにはならないお話!

振り返れば、私も長男として、どこかプレッシャーや生き方について色々考えてたもんだな!と、今思います。

でも、この仕事(家業)って、"楽しい”、”ほんまもんを伝えたい”、”伝統的、日本酒(八兵衛)を愛する皆に伝えたい”という気持ちが、とてもやりがいを感じます。
家の子供達にも将来伝われれば良いなぁ!

また、この記事で頑張れます。有難う!

早速、明日本屋へ行きます!
Posted by SAKE SHOP SATO at 2011年10月01日 01:09
う〜ん、サラリーマン家庭の男三人の次男坊のわが身とすれば、家業、長男のしがらみは、全く無縁のものでしたが、当事者としては大変なものだと思います。しかし、そうやって正面から向き合って実直に伝えていかれる努力は、掛け声だけでも応援していきます。
Posted by とんとんぐっち at 2011年10月01日 09:34
やさしく、旨みの満載の伊勢錦。
大好きです〜

6代目が復活させた伊勢錦を7代目が引き継いでいくのですね〜

苦労して復活させた伊勢錦を目の前にするとオトンが大きく見える?

7代目が伊勢錦とともに大きくなって行ったらいいですね!
Posted by らんだーす at 2011年10月01日 20:25
長男って結構プレッシャー感じてると思います。

けど良かったですねー
Posted by トキ at 2011年10月01日 21:36
泣けました。

伊勢錦を育てる苦労はいかばかりだったのか。

息子さんは、ちゃんとご両親の背中を見ていたのですね。
Posted by 酔っ払ライダー at 2011年10月01日 21:46
bossさん(笑)

いつもありがとう。
これからもよろしく。

Posted by とーこ at 2011年10月03日 10:26
ひろせさん

ありがとうございます。

わざわざお電話まで頂戴しまして嬉しかったです。

家を離れ自由気ままに生きている間、たくさんの方々にお世話になり、そしてたくさんご迷惑を掛け・・・・

いつかその方達にご恩返しができるといいなと思います。

長男を育てながら私達も学ぶことばかりです。

親も子もまだまだです(汗)
Posted by とーこ at 2011年10月03日 10:33
まっちーさん

思えば伊勢錦と共に私達家族の歴史があります。

主人が大学卒業後、家業を継いだ時から始まった伊勢錦とのつながり。

賛否両論のある鑑評会ですが、それでも金賞を頂けた時は、本当に嬉しかったです。

そして、これからは息子達と共に伊勢錦の物語を作っていきます。

先は長いです。
Posted by とーこ at 2011年10月03日 10:40
すずめちゃん

電話ありがとう。

どの蔵元にもそれぞれに長い歴史とそこにしかない物語があります。

それはきっと他の業界でも、一般のご家庭でも、同じだと思います。

すずめちゃんも鈴之助君と一緒に、素敵な物語を作っていって下さいね。

苦しいことも時間が経てば、いつかは笑って話せるようになります。

焦らず、マイペースでね♪
Posted by とーこ at 2011年10月03日 10:46
SAKE SHOP SATO さん

ありがとうございます。

酒販店さんのご長男で、ご兄弟でお店を切り盛り。

それこそ、これからうちが考えなければならない事です。

きっと私はまた悩んで、オロオロするんだと思います。

色々と教えて下さいね。

今後ともよろしくお願い致します。
Posted by とーこ at 2011年10月03日 10:51
とんとんぐっちさん

誰もみんな何かしらプレッシャーを感じて生きているんだろうと思います。

商売屋の家に生まれなければ、自分の力で生きていかなければと、思われるでしょう?

商売屋は商売屋でそれなりの苦労もありますが、守られている部分もたくさんあるのです。

それがこの歳になって、ようやく分かりました。

遅いですけど・・・(笑)
Posted by とーこ at 2011年10月03日 10:56
らんだーすさん

ありがとうございます。

家族みんなで仕事をしているので、揉めることもたくさんあるのですが・・・・

それでも、みんな揃ってご飯を食べ、お酒を飲めば何となく解決する(笑)

不思議なものですね。

親子って。
Posted by とーこ at 2011年10月03日 11:01
トキさん

ありがとうございます。

少しだけ肩の荷が軽くなりました。

まだまだこれからですが、

人として、造り手として大きく成長してくれればいいなと思います。
Posted by とーこ at 2011年10月03日 11:04
酔っ払ライダーさん

ありがとうございます。

伊勢錦はたくさんの人々協力があり、やっとここまでこられました。

その方々のご恩に報いるように、これからも大切にしていきたいです。

そしてその思いは、息子達に託します。
Posted by とーこ at 2011年10月03日 11:10
群馬で酒屋をやっております「地中海」と申します。
心にしみるお話で感動しました。
お酒を通じていろんな人たちと交流できたらいいなと思っています。
これからもよろしくお願いします。
地中海
Posted by 地中海 at 2011年10月04日 00:00
先日は本当に遅くまでありがとうございました。

雑誌の掲載、良かったですね!!^^

いろんなことがあって・・・

これからもいろんなことがあるとおもいますが

みんなで頑張りましょう!!

応援してますよ〜!! 
Posted by 奥志摩の酒商人 at 2011年10月04日 12:13
地中海さん

はじめまして。

ありがとうございます。

色々な出来事があり、時には落ち込む日もありますが・・・

お酒を通じて、たくさんの方と繋がることのできる今を大切にしたいと思います。

こちらこそよろしくお願いします。
Posted by とーこ at 2011年10月04日 23:09
奥志摩の酒商人さん

ありがとうございます。

先日はありがとうございました。

良いことも、そうでないことも

すべて意味のある出来事で、無駄なことなん
て一つもないんだと思います。

お互いに頑張りましょうね。

まだまだこれから♪

Posted by とーこ at 2011年10月04日 23:15
こんにちは^^

初コメです♪

いつもお世話になっております。

伊勢錦ストーリー、しかと受け止めました!

人にはそれぞれ色んな事があるのだなぁ〜
と再度実感してます^^

上手く言えないですけど^^;

ありがとうございます。
Posted by 福田屋 at 2011年10月06日 21:47
早速、本屋さんに走りました(笑)
新クンいい顔して写っていますね。
掲載おめでとうございました。
これを機にますますのご発展をお祈りいたします。
Posted by 朝の味噌汁 at 2011年10月07日 13:29
ご無沙汰しております。
雑誌、買って記事を拝見しました。
感動です、今月久々に伺おうと思います。
Posted by 新幹線通勤サラリーマン at 2011年10月08日 22:45
福田屋さん

いつもありがとうございます。

伊勢錦の物語

たくさんの人達のたくさんのエネルギーが
いっぱい詰まったお米です。

うまくいくことばかりでは無いけれど、うまくいかないことも、きっと大切なんだと今は素直に思えます。

まだまだ発展途上・・・

これからもよろしくお願いします。
Posted by とーこ at 2011年10月14日 22:00
朝の味噌汁さん

ありがとうございます。

走って買いに行って下さったんですか(笑)

色々なことがあっても、親子で仕事ができることは、やっぱり嬉しいんだと思います。

これからも一生懸命にがんばります。
Posted by とーこ at 2011年10月14日 22:07
新幹線通勤サラリーマンさん

ご無沙汰しています。

さっそくに読んでいただきまして、ありがとうございます。

お会いできるのを楽しみにしています。
Posted by とーこ at 2011年10月14日 22:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。